2018年06月15日

奄美大島の空港から車で約8分のところに広がる絶景!

1528273364052.jpg

「笠利にある、あやまる岬です
あやまる岬からの眺めはとてもいいです

奄美大島の現地リポーター甥っ子から
「あやまる岬」の写真が送られてきました。

あやまる岬は奄美十景、新鹿児島百景の一つです。
空港から車で約8分程度の場所にあります





1528273364537.jpg

こんな目の前に、
青く広がる海と空・・・
走って、海に行きたくなりますよね

ここは公園として整備されていますので
海水プール・ちびっこゲレンデ・展望所・
サイクル列車・パターゴルフ場などなど
家族そろって楽しめる人気スポットです

ちなみに海水プールは夏休み期間中のみです

posted by 旅くらぶ21 at 17:52| Comment(0) | 奄美大島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月11日

西郷さんと愛加那さんが住んでいた町「龍郷町」

現地の甥っ子から奄美大島レポートが届きました
まずは西郷さんが愛加那さんと住んでいた
龍郷町から紹介していきますね。




1528273363777.jpg

「龍郷のハートロックです。パワースポット?的な感じで人気です
潮が引いた時だけあらわれます」と送られてきた写真。

コバルトブルーの海に現れる、自然とできたハート
西郷さんたちが住んでいたころはどんな形をしていたんでしょう?





1528273367123.jpg

「龍郷の倉崎海岸です。きれいですよー




1528273367480.jpg

「龍郷でできるパラグライダーです

日本版「天国に一番近い島」と言われる奄美大島。
海がとってもきれいです!!
パラグライダーができるとか、意外ですよね??





20170611a.jpg

この龍郷町には西郷さんが
愛加那さんと子供2人と一緒に住んだ
「西郷南洲謫居跡」もありますよ
(他にも2軒あります)。

現在の家は愛加那さんの
養嗣子(ようしし)が再建したものだそうですが
西郷さんの直筆の書や、
その質素な生活ぶりを見ることができます。

タイミングがよければ子孫の方から、
西郷さんの奄美大島での
生活ぶりがきけるかもしれません。
(私有地なので要予約です)





20170611c.jpg

私はここに建てられている愛加那さんの生涯に、
ちょっと涙してしまいそうです・・・
藩の掟で、島で迎えた妻は、
鹿児島本土に連れていけないとか・・・もうねぇ・・・。



他にも西郷さんと愛加那さんが住んでいた町ということで、
「りゅうがく館」や
西郷さん初上陸の地「西郷松跡地」もありますよ。

「西郷松跡地」にある西郷松本舗の、
「まめぼっくり」と「しいの実せんべい」は
全国から注文がくる奄美大島ならではの
美味しいお菓子です。





20170611b.jpg

お菓子を食べてきびジュースの飲みながら、
美しい海をのんびり眺めてみませんか??

甥っ子から奄美大島に行きたくなる写真が
まだまだ送られてきていますので
次の更新をお楽しみに
posted by 旅くらぶ21 at 09:55| Comment(0) | 奄美大島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月16日

ベトナム→マレーシア→シンガポール旅行に行かれたお客様より「7」

ベトナム→マレーシア、
そしてシンガポールに到着したヨシモトさま。





20180223_1519367747163.jpg

まずはガーデンズ・バイ・ザ・ベイをお散歩
ここは見た目から想像がつなかいと思いますが
なんと「植物園」なんです

写真に写っている
高さ50mの人工の木「スーパーツリー」や
35mの滝が流れる「クラウドフォレスト」
500種以上の花を見ることができる「フラワードーム」など
本当に「植物園」なんですよ





20180223_1519367766574.jpg

そして、こちらものビルのおかげで
シンガポールへ行ってみようというお客様が
増えたといっても過言ではないかもしれません
高級総合リゾート「マリーナベイ・サンズ」。
(ヨシモトさまの後ろに写っている高層ビル3棟)

3つのビルは屋上でつながっていて
なんとプール(インフィニティ プール)なんです
しかも世界最大です

このプールで泳ぐために
このホテルに泊まるというお客様多数です。






20180223_1519367763701.jpg

写真の左側に写っている観覧車は
「シンガポール・フライヤー」。





20180316a.jpg

高さ165m
ガラス張り
1週するのに約30分

夜景はもちろん
夕方もオススメです




20180223_1519367753795.jpg

花火の右側に写っている
お花のような形をしているのが
「アート・サイエンス・ミュージアム」







スマホのアプリを使って
建物に文字を投影できたり






17万個ものLEDライトを使った
星の中にいるような
「クリスタル ユニバース」







自分で描いた魚が泳ぐ水族館
「スケッチ アクアリウム」などなど・・・
他にもいろんなゾーンが待ってますよ





20180223_1519367758401.jpg

そして、やっぱり
シンガポールといえば
「マーライオン」ということで・・・





20180223_1519367756561.jpg

マーライオンパークで
おちゃめな写真を撮られるヨシモトさま。

「夜景がやはり綺麗です。
 お客様へぜひお勧めください。」と
コメントをいただきました




20180316b.jpg

7回にわたってご紹介してきましたが
アジアのイメージがかわりましたよね
(わたしもお客様とお話すると
熱く語ってしまいます
ほんとにオススメなんです

ヨシモトさまが
鹿児島に帰ってこられたら
たくさん、おみやげ話を聞かせていただきますね





20180316c.jpg

そして旅くらぶ21のお客様が、
アジア旅行を気兼ねなく楽しめる
プラン作りに使わせていただきます

みなさまに
現地に行ったことがないとわからない情報をお伝えして、
アジアのパワーをいっぱいもらってきてもらって
ヨシモトさまのように、
パワフルに人生を楽んでもらえたら嬉しいなぁ・・・と思います


posted by 旅くらぶ21 at 11:01| Comment(0) | ベトナム旅行・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする